Akai探偵事務所の求人で募集している職種とは?

Akai探偵事務所の求人について、調べてみました。

【労働環境】
【研修制度】

がかなり充実していて、他社にはない優良な条件で調査員として仕事に集中することができるようです。

それでは、さっそくAkai探偵事務所の調査員求人の特徴をご紹介していきます。


労働環境

労働時間について一般的な探偵社では、調査員の労働時間は長くなりがちです。

その中で比較すると、Akai探偵事務所の調査員の月平均労働時間は公称200時間程度と、他社と比べるとかなり少ない方であるとされています。

また、他社と同様に固定残業制度は導入しているのですが、固定残業時間を超えた場合の差額の残業代はきちんと支払うことが名言されています。
これが普通でなくてはならないのですが、いまだ探偵社としては珍しい方に入るようです。

フレックス制度の導入探偵は普通の会社員と比較すると、かなり不規則な勤務時間にならざるを得ません。
夜遅くまで仕事があった翌日に、朝早く出社しないといけないような探偵社もあるようです。


Akai探偵事務所はフレックスタイム制度を導入していることが求人に記載されています。
深夜、早朝に及ぶ調査のあとは十分に休息を取れるようになっているため、一般的な探偵社よりも心身ともに健康な状態を保つことができそうです。

自費購入なし一部の探偵社では、調査員として配属されると同時にカメラなどの調査機材を自費で購入しないといけないところがあります。
しかしAkai探偵事務所では、自費購入は従業員への負担が極めて大きいため、入社後に自費で購入しないといけない物品は一切ないことを求人上で公言しています。

寮について探偵の仕事は深夜や早朝に終わる場合もあり、終電が無く家に帰れないといった状況になることがあります。
Akai探偵事務所では、そんな方や住み込みで働きたいという従業員の方に向けて、寮が準備されています。


基本的にワンルームタイプで、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ等の家電もセットになっているとのことで、すぐに生活を始めることが可能できそうですね。


研修制度

探偵学校への入学なし探偵社によっては、入社する前に探偵学校に入学し、高い授業料の支払いを強いられる場合があります。

しかし、Akai探偵事務所は探偵学校への入学は必要ないですし、研修費という名目で費用がかかることもありません。

採用試験に合格した調査員は、きちんと給与が出た上で探偵学校と同様の研修が受けられるとのことです。


研修期間中について探偵社に限らず一部の企業では、研修期間中の給与がかなり安く設定されており、研修終了後も求人広告掲載の給与額と全然違うという悪質なケースがあります。

Akai探偵事務所ではそのようなことは全くなく、研修期間中でも求人広告掲載の給与がもらえるとはっきり記載されています。

いかがだったでしょうか?

Akai探偵事務所では、調査員のほかにも企画事務員、WEBライター、カウンセラー、幹部候補などの職種を募集中のようです。
正社員・アルバイト採用どちらもあるため、求める働き方に応じた採用の間口が広いのではないでしょうか。


また、体験入社のシステムもあるようなので、事前に業務内容や社風を確かめてみたいという方にもよいのではないでしょうか。