評判や口コミの信頼度を考える

今の世の中、どんなものの評判や口コミも、ネットで検索知れば、何かしらの情報がヒットしてくるものです。
逆にヒットしてこなければヒットしてこないで、「認知度の低さ」や「実績がない」、「新しく参入」などヒットしてこないなりの 参考になる結果を得ることができます。
探偵事務所の評判とは違い、家電製品や通販商品の場合評価や口コミはかなり信頼度の高いものが多いのは誰もが知るところですが、 探偵事務所の評判や口コミの場合、信頼度の判断の難しいものもあることを知っておく必要があります。

なぜ信頼度に疑問を持つ必要があるのか?それは一つに、日本国内の探偵の数が多すぎる点にあるかもしれません。
探偵業法の施行により、探偵業を営むには公安委員会への届け出が必要となりました。そこで明らかになったのは、日本国内には 5500もの探偵事務所が現在登録されており、毎年200づつその登録数は増加している現状。探偵業界は競争の激しい業界なのです。

競争の必要な業界であれば、当然他社を「批判」、もしくは「褒め殺し」をすることで、ライバルを蹴落とそうと考えるところも出てきます。
情報を探すには、ネットを使うのが当たり前になった時代。匿名で投稿できるネットでは、実際に依頼を経験した人の評判や口コミが投稿され 見つけ出すこともできますが、ライバル社を蹴落とすための、偽の批判や褒め殺し記事も相当数あることを知っておきましょう。